川越で 整体師をめざして 今できること

50代のサラリーマンが、整体師 をめざして、してきたこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

見えない力 つづき

身体力学研究会に行きました

この間のやりかたは、すっかり忘れてしまっていて
相手に手を押さえられると、それを持ち上げるのに
はて?どうしたっけ?と
考え込んでしまうところから、いつも始まるのでした

やっていく内に少しずつ思い出してくるのですが
まだ応用が利かないし
こういうものだと原理を会得していないから
相手が変わると、とたんに出来なくなってしまうのでした

きょうのキーワードは、以下こんな感じです
忘れないように、また書き留めておこうと思います

1.肩から手までを物のように物体化(脱力)させ、胴体からの連動を断ち切る
連動させてしまうと、力みが筋肉ガチガチになって背中腰脚足と硬くなってしまう
右腕側と左腕側も、それぞれ別物として物体化(脱力)できること

2.相手が力んできたら、こちらは力を抜き
相手が力を抜いていたら、こちらは芯のある力で対応すると良い

3.力がぶつかりあった時、ぶつかっている場所に意識が集中してしまうし
なんとかしようと考え始めた結果、気が頭に充満してしまうのだが
対処としては
意識は、ぶつかった場所にあるわけではなく
相手が何処においているか感じ取って、合わせることで操作できるし
頭に上昇充満してしまった気は、全身に行き渡るように戻せばエネルギーに変えることができる

いろいろなタイプの人が居ますが
私は八光流柔術の道場通いで
技を掛ける人の気に素直に合わせる意識の稽古をたんまりしてきてしまったようで
この研究会では
私は、すごく技を掛けやすいタイプらしいのです(コロコロ飛んで転がってしまう)

それぞれ、良い面と悪い面を持っているけれど
私は、逆に気のはずし方、意識のはずし方を習得していけば
見えない力の原理が理解できてくるのかなと思いました


きょうの話は、やってないと、ちょっとわかりにくいかもしれませんが
私は、たんなる武術、武道の稽古とは思っておらず

自分のからだを知ること
相手のからだを知ること

その道筋に、気や意識の概念とか、呼吸とかがあって
からだの内面や、外面に現れた空間(場)とか
からだに密接な心の内面、意識の感覚などを通して
自分の健康、相手の健康
そして、治療の技術に役立てたいと考えています

いつか、もっと分かりやすく話せたらいいなあと思います







スポンサーサイト


  1. 2008/07/26(土) 23:38:21|
  2. からだ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

気合だ! 気合だ! 気合だ! | ホーム | 施術の稽古を終えて

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yayoiseitai.blog62.fc2.com/tb.php/190-86dbff7c

| ホーム |

にほんブログ村 健康ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。