川越で 整体師をめざして 今できること

50代のサラリーマンが、整体師 をめざして、してきたこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

一歩踏み出せば、未知(道)は開ける

きょうは、「術伝」の3人×40分の通し稽古日でした

午前中、提鍼(刺さない鍼)による施術を、3人経験させていただきました

ひとりは、塾の講師の方(ポスティングによる足の疲れ)
また、病院受付事務の方(目の疲れ、肩痛)
そして、営業マンの方(車運転による肩腰)

おおむね5点満点の4点をいただきましたが
慢性期の手順を守りながら
主訴の施術を組合せるという内容は
手順を40分でこなすということでほとんど終始しました

時間内に必要なことを行なうことの
難しさ、大切さなど、今回も多く学びました

午後の、操体の通し稽古は見学に回る予定でしたが
けっこう、患者さん役の人が多く見えて
先生の声掛けもあり、練習させていただくことにしましたが
先生が「感想も書いてもらいなさい」ということで
なかば通し稽古「本番!」に近いことになってしまいました(あれま!)

ひとりは、理学療法士の方(右頚、肩胛骨)
また、作業療法セラピストの方(腰、頚)
そして、会計事務職で元整体師の友人Tさん(右頚部)

こちらは、心の準備不足か、おおむね5点満点の3点をいただきました
自分でもうなずけますが
主訴に対して直接的に有効な操体が出来なかったので
患者さんのご希望を満たせなかったのかと思いました

あとで友人Tさんから
「想定される症状(頚肩腰など)に対して、ある程度
シュミレーションを行なっておけば、あわてなくて済むよ」
とアドバイスを受けました

次回の挑戦までに
シュミレーション、イメージトレーニングをしておくつもりです
(次回も、挑戦させてもらえれば良いのですが)


やっぱり
やってみたから言えること
やらなかったら
見えなかった世界

一歩踏み出せば、未知(道)は開ける



スポンサーサイト


  1. 2008/03/02(日) 23:04:36|
  2. やってみるとよい|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

余分な力が 抜けていること が大事 | ホーム | 40分で まとめる練習 自宅編

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yayoiseitai.blog62.fc2.com/tb.php/145-f24f604b

| ホーム |

にほんブログ村 健康ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。