川越で 整体師をめざして 今できること

50代のサラリーマンが、整体師 をめざして、してきたこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

操体で 真向法 体前屈を 改善!

操体師
‥操体に魅せられて
操体法で身を立てている人とでも言うのでしょうか
そんな方を訪問しました

私鉄駅からも地下鉄駅からも近い住宅街の自宅開業
新築1Fの一室
施術スペースは段差をつけた畳敷きにマット
まず着替えコーナーで着替えてからフットバスに足をつけながら
問診票を記入し、今の状態を聞かれました
年末年始の仕事疲れが肩頸に溜まっていると告げました
足湯が終わり、等身大の鏡の前に立ち
目を閉じて楽な気持ちで足踏みをしてから
両肩を耳まで上げて、ゆっくり下げて
背骨のラインを手指で上下にたどり
骨盤の向きを確めました
初見では、右肩が上がり、右足が少し前に出ていて
骨盤がやや左向きになっていて
頸後ろが緊張して、猫背でした
(術後には、両肩は下がり、両足は揃って、骨盤は正面を向いていて
いくぶん背が伸びている感じで全身の力がストンと抜けていた)
マットに横になり楽な姿勢になって下さいと言われてから操体が始まりました
約1時間、姿勢を見てもらいながら、私は完璧に脱力した状態で
左腕、左足から、預けた手足をいろいろな方向に
ゆっくり探るように動かすことが続いた
それは私の訴えに対して調整をしているような感じだった
その後、私も少しずつ姿勢を変えていき
(仰向け、右上横寝、うつ伏せ、左上横寝)
その都度、姿勢を見てから調整の操体をしてもらいました
仰向けでは右足、右上横寝では右腕
うつ伏せでは、両足に各々手を添えて具合を見ながら
片足ずつ添えた手に対して足を伸ばしてくださいとか
押し続けて下さいとか(気持ち良ければ続けてくださいと言われながら)
左上横寝では左腕、左足
時折、肩胛間部や仙骨辺りに手をそっと当ててしばらくそのまましていたり
半分眠っているような感じで
結構くたーっとしてきたところで
ゆっくりでいいですから起き上がってくださいと言われて終了

整体とは全く異なる方法
押す、揉む、摩るなど他動的な感覚は無く
筋肉をいじられる感覚も無く
腕や脚を持ってゆっくり動かした時も
自分の身体が勝手に動きたいように動いている感じだった
されている、やられている感じではなく
なんだか寝返りを打っているうちに緩んでいったような施術でした
そういうからだの扱いの訓練を積んでいる内容に思えました
終ったら身体の中を爽やかな風が抜けている感じでした
HPによると以前は整体をやっていたようですが
今は操体1本だそうです

真向法で体前屈が出来ない相談をしたところ
ちょっとやってみましょうと一緒にやってくださり
両足を揃えた場合の、操体的前屈と
開脚の場合の操体的前屈を指導していただきました
びっくりです
真向法の教室では教えてくれなかった技で
改善できる方法を知りました
操体の考え方で
やりやすい方で気持ち良さを実感すれば
からだが緩んでくれることを知りました
ほんとびっくりです
詳しくは実践してみてのお楽しみです

初診2,000円 施術4,000円 計6,000円でした

長くなりましたが
操体の素晴らしさを短時間で味わうことができた1日でした
スポンサーサイト


  1. 2008/01/14(月) 23:12:00|
  2. 操体師 訪問|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

教えることで 自分も 成長 | ホーム | 光る こころざし 一念365日

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yayoiseitai.blog62.fc2.com/tb.php/136-861ccd5d

| ホーム |

にほんブログ村 健康ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。