川越で 整体師をめざして 今できること

50代のサラリーマンが、整体師 をめざして、してきたこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

肘を当てて 持続 押圧

先日、術伝にて
肘当てによる押圧を教えていただきました

肘頭をただ当てるものではなく
尺骨の肘頭に近い方のエッジを使って
持続圧をかけるものでした

今回は基本の
うつ伏せからで
首の根から肩胛骨を経て
背骨に沿って平行にはしる経絡の
1行線、2行線あたりを腰まで降りていきます

部位によって
げんこつや、人差し指を出っ張らしたげんこつ
親指など、いろいろ使い分けますが
肘当てが主役です

持続圧をかけていると
施術を受けている側は
息を吸いながら
ツボに自然と圧がかかっていき
息を吸いきる頃には
押圧と押し返しのバランスがとれた状態で
いっときの間があり
そのあと息を吐き出す時に
瞬間脱力が起こるため
理想的、効果的な押圧を実現できます

以前、カミさんに肘頭での押圧をして
2度とやるなと怒られたことを思い出しましたが
今回の方法を、女性にもやっていただきましたが
体重を乗せただけで
しっかりした押圧が体験できました

これはお勧めです

奥が深く、術伝の先生も
2つの流派の師に就いて修行したそうです

可能なかぎり先生から
技を学んで、身に付けたいと思っています

何気ない方法なのですが
初めて体験して、「ほー」とうなづきました
スポンサーサイト


  1. 2007/10/10(水) 23:22:20|
  2. 教えていただいたこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

人生は 選択だ | ホーム | モンパチさんを 包む輪に 共感

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yayoiseitai.blog62.fc2.com/tb.php/122-657eb72e

| ホーム |

にほんブログ村 健康ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。