川越で 整体師をめざして 今できること

50代のサラリーマンが、整体師 をめざして、してきたこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

施術家の 試練がやってきた のか…??

6月半ばに右の膝に痛みを覚えてから
約ひと月養生して
やっと正座としゃがみが出来るようになってきた

思ったのも、つかの間…
7月半ばに
夜中、膝の芯が疼いて熟睡できず
翌日歩くのも苦で
受診した整形外科にて水(膝関節液)を抜くことになりました

約20ミリリットル抜けたのでしたが
これは炎症による結果溜まったものだったので
水を抜いても
そうすぐには楽になりませんでした
2、3日して落ち着きました

はたして、この1ヶ月は何だったんだろう?
軟骨が減ったために炎症が起きたんだろうけれど
加齢によるものか
あの時膝を強くひねったのがキッカケになったのか
正直わからないのですが
とにかく痛くて張っていて今も不自由している事実は
認めざるを得ません

ぎっくり腰を繰り返してきた我が腰と同様に
これからは膝とも付き合っていかなければならない


そして将来、施術家として…

腰が悪けりゃ、やって行けないし
膝も悪けりゃ、やって行けない
どこか悪けりゃ、やって行けない
あたりまえですね

皆様の健康のお役に立つ身の私が
健康でなけりゃ土台無理ですね

今、私は
この膝で、試されているのではないかと思っています
自分自身の健康について
施術の理論が活かされているのかということと
本気でやってんのかということと
たぶん、試されているんですね
きっと、そうだろうと思います


スポンサーサイト


  1. 2010/07/19(月) 15:02:41|
  2. 施術家への道|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

師の師にも師がいました 伝承の技が継がれて行きます

7/10の土曜日は
現在の私の師であるK先生の
師匠にあたるM氏のご自宅兼施術室へ
K先生たちとともに伺いました
JR小岩駅から歩いて30分位
ご自宅に腰痛119番ののぼり旗がありました

K先生に学び始めたのが
昨年の10月でしたから
この技を知ってから10ヶ月目ということになります

まずは、そのM氏に施術をしていただいてから
先輩弟子のKさんを相手に私も施術をし
見ていただきましたが
緊張していたのでしょうか
大事な骨盤調整をすっ飛ばしてしまいました(ありゃりゃ)

私はまだ矯正の伝授が完全に行なわれていない段階ですが
今回は、骨盤調整の重心のかけ方など
大事なところの技の詳細をお教えいただくことができました

その後
M氏が患者さん役になって、先輩弟子のYさんを先生に見立てて
施術時の面接方法などを場面展開しながら
いろいろ示唆に富んだ話をお聞きできました

その後は場所を変えて暑気払いとなりましたが
とても充実した一日を過ごせました


私の師はK先生であり
また、兄弟子のKさんでありYさんでありますが
そのK先生がお慕いする師匠は
今回お会いしたM氏であります
もう10年以上のお付き合いとのことです

ちなみに
私がK先生に受けた講習はまだ15回、今回16回目でしたが
K先生がM氏に受ける講習は、今回でなんと198回目とのこと!
恐れ入ります
師弟関係は、なお今もまだ続き
K先生は、M氏を尊敬し目標としていますし
M氏は、今も研究に余念がありません

そして更に
M氏ご自身が師と仰いでいた方は
自然良能会のG氏でした

この骨盤調整については
自然良能会のG氏の研究先から端を発し
G氏によって花開き
M氏はこれを体得した後独自の工夫を加え
更にK先生が伝承してから更に発展し続けています
そんな折り
M氏の出版された本を手に取ったことをキッカケにした私は
その後K先生にお会いし
今、こうして
この施術の奥義を窮めようと決意しています

まだたった15、6回の新参者ですが
回を重ねて
少しでも先輩、先生の技に近づけるよう
がんばりたいと思っています

この出会いに感謝しつつ
この出会いを無駄にしないで
この出会いを活かして行きたいと思います












  1. 2010/07/11(日) 23:42:33|
  2. 身になる稽古|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム |

にほんブログ村 健康ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。