川越で 整体師をめざして 今できること

50代のサラリーマンが、整体師 をめざして、してきたこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

経絡指圧 に 興味湧く

いろいろなことが
重なっているためか

最近
想いをブログに寄せる時間が
めっぽう少なくなりました

先日
訪問した
鍼灸の学校の文化祭
東鍼祭にて
物色した本から

経絡指圧について
いつにない興味が湧き

今は故人ですが
増永静人という方が語っている
その理論に
少し
夢中になっています

私自身たどれば
八光流柔術と
その流れを汲む皇法指圧に
魅せられたことが
この道に進むきっかけになっているので

興味が沸くのも
無理もない話かもしれませんが

もっと昔を思い起こすと
中学生のころ
よくテレビで目にした
ニコニコ顔の浪越徳治郎さんの
親指による手技が
原点かもしれないのです

それで
この増永静人氏ともつながるわけです

ああなんと
わたしは回り道をしていることか
なんで
若い時から飛び込まなかったのだろう


でも
今があるからいっか
ま、いっか
スポンサーサイト


  1. 2007/12/25(火) 23:32:48|
  2. からだ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

からだの音を聴く

本屋さんで
「聴診器ブック」という聴診器付きの本を買いました(日本実業出版社)
医療機器の聴診器が付いていて
「からだの声を聴いてみよう」というタイトルが目につきました

心臓の音
呼吸の音
おなかの音

普段から自分のからだの音を聴くことで
変化、異常があった時に気づくことができるということで
医学博士が監修していた本です

さっそく自分のからだに聴診器を当てて聴いてみると
心臓の音やおなかの音を初めて耳にしましたが
しっかり働いてくれているからだに
頭が下がる思いを感じました

そしてこの本の中で
聴診器を使う以外にもっと簡単で単純な方法として
脈を測ることの大切さと
おなかに手を当ててみる
おなかを押すように触ってみることを勧めていました

さらに、おなかをみるときは
おへそを中心に4つに分けてみるといいと言っていました

これは
和方養生術伝承塾で腹診講義のときに
教えていただきましたが
たしかにその人の今の状態を判断するために
その場でとれる方法として有効な方法で

昔も今も基本は変わりないのだと思いました



  1. 2007/12/09(日) 22:59:31|
  2. からだ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

生き方って大事

先日、会社では棚卸しを行ったので
いよいよ決算業務が始まりました

去年の今ごろは
会社一辺倒だったためか
悶々としていて
暗いブログになっていたかと思いますが

今年は
教えを乞う方にめぐり合えたことで
張りのある日々を送ることができています

私はタイトルにある通りの53歳
まあ、いいトシですが

会社では要職からはずれ
ただひたすら年だけ重ね
バリバリできない性格です

定年後のことも考えるけれど
かといって普段は
会社以外のことは手につかず
1年1年が意外と早く来ては去って行きます
多分このままだったら
定年になって気づいたら
友人知人が居なかったなんてことになりそう

だから
普段からコツコツと自分の時間を持って
会社を離れても
自力で生活できる手段を手に入れて
交流できる人も作り
楽しく毎日が過ごしていきたいと思います

お金があっても時間が無いさみしい生活よりも

お金が無くても割りと自由気ままなに過ごせる生活がしたい

いままで脇に置いておいて
真剣に向き合わなかったけれど

やっぱり私の中では大事なことなのです








  1. 2007/12/03(月) 23:00:23|
  2. ライフスタイル|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム |

にほんブログ村 健康ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。